会社にシステムを導入するとき、規模の大きい、小さいはあるものの、ハードウェアを購入し、ソフトウェアを購入し、場合によっては、ネット環境を構築しなおし、多額のお金を払うことになります。


払った金額を考えると、その年の会社の損益は大赤字になるのではないかと覚悟していたのが、会計事務所からの損益資料をみてみると黒字になっていたという経験をしたことはないでしょうか?会計に詳しい方はここまで読んで、ニヤッとするかもしれませんが、払った支出と費用の違いを理解していないと、何のことか分かりません。支出とは、実際に支払う金銭のことを指します。



費用とは、損益資料に計上される損金を指します。たとえば、100万円のサーバと5万円のソフトウェアと50万円のソフトウェア導入作業費がかかったシステムを例にとって考えると、100万円のサーバは、固定資産という資産として扱われ、減価償却という形で費用になっていきます。というのも資産は翌年以降も利用することができるからです。
5年定率で減価償却するとすると、最初の年は40万円が費用となります。

ソフトウェアは10万円以上でないと資産にはならないので、5万円のソフトウェアを購入した場合は、費用となります。

勤怠管理について分かりやすくまとめてあります。

しかし、この場合、ソフトウェア導入作業費もソフトウェアの一部とみなされますので、55万円のソフトウェアとして資産計上され、サーバと同様に毎年、原価償却分が費用となります。

NAVERまとめの最新情報を紹介しています。

システムのような資産を導入する場合は減価償却によって費用化されることを知っておくと、会社の損益以外にも経営で気を付けるべき点が見えてきます。