IPOで証券口座を比較する

IPOとは株を投資家に売り出して、証券取引所で上場後、株取引ができるようにすることをいいます。

証券口座の比較は人気のテーマです。

株を投資家に売り出す価格を公募価格といい、上場後の初値は公募価格より高くなる傾向があります。すなわち、IPOで株を購入し、上場後に売るだけで利益になる可能性が高いため、IPOは投資家に人気があります。証券口座を保有すれば、IPOに申し込みできるかというと、証券会社によって違いがあります。
証券会社は会社が上場するための支援をします。
一般的には5、6社程度の証券会社が幹事となり、中心的役割を果たす証券会社が主幹事となります。

IPOは主幹事や幹事の証券会社だけが行えるので、主幹事や幹事に積極的な証券会社はIPOの取扱数が多くなります。



また、主幹事は幹事と比較すると、売り出される株数がとても多く、その分、当選確率が高くなるので、主幹事の実績を調べて証券口座を比較するのも良い方法です。
IPOを申し込むと、だいたい抽選となります。


多くの投資家がIPOの申し込みをするため、当選確率は高くはありません。



IPOでは申し込み株数が多ければ当選する確率が高くなるため、高額で申し込んだ投資家に有利とされてきました。最近では、少額の投資家でもIPOに参加しやすくするため、一人一票制の完全抽選であったり、落選するとポイントが付与され、ポイントを利用すると当選率が上がるサービスを行っている証券会社もあります。

少額の投資家でもIPOに参加しやすい証券口座を比較するのも良い方法です。