汎用的な構築がされている会計システムのパッケージは、自社向けのシステムにしていくためカスタマイズをしていく必要があります。


カスタマイズをしていくことで、運用する部門が要望する会計システムを構築していくことができ、作業を効率的にして決算のスケジュールを早期化したり、作業工数を減らしていくことができます。

今すぐ見つかるAll Aboutを知りたいならご活用ください。

このようなカスタマイズを行う際にはまず業務プロセス全体の見直しをすることが大切です。

現在のプロセスを改善してから構築をしていくことで、より優れた会計システムを目指すことができ、コストを削減することができます。


次に業務上でカスタマイズが必要だと判断しても、得られるメリットが費用に見合っているかを検討しましょう。

タイムレコーダーで勤怠管理の分かりやすい情報はこちらです。

効率化することで得られる金額とカスタマイズで必要になる金額の比較を行い見極める必要があります。この他、導入後すぐは必要だと判断した機能も稼動してから数年後は使わなくなってしまうケースもあります。



そのため、業務上で必要かどうか判断する場合は将来性も検討しましょう。

このような判断を行って開発費以上にカスタマイズで得ることができるメリットが大きいならば、システムの構築をしていくのがおすすめです。


また、カスタマイズをする場合は法改正の対応やバージョンアップで提供されるパッチを早く適用できるように、会計パッケージの中でもメインとなっている仕訳データといったテーブルには手を加えないようにしましょう。